塾にはどんな種類が?

塾と名のつくところは、いろいろな分け方があります。まず、運営形態からチェーン展開する塾と個人で運営する塾の2種類に分かれます。チェーン塾のなかには、直営だけではなくフランチャイズの教室を展開するケースも多い。最近は、この大手のフランチャイズの塾校舎が増えてきました。

指導の形態として集団指導と個別指導の2種類があります。同じ校舎の中で両方の指導スタイルを取るところもありますが、「個別指導が中心」というところが、かなりの割合を占めるようになりました。個別指導は、次の「個別指導の楽しさは?」でも触れますが、指導者1人が1人ないし2人の生徒を担当します。子どもたちそれぞれの進路に合わせて進行するのが特徴で、きめ細かな指導が可能です。大勢の人の前に立つことが苦手な人は、個別指導の講師が向いているでしょう。一方、集団授業は十数名から40名程度の生徒を受け持ちます。多くの生徒が相手なので、個別指導に比べるとテクニックが要求されます。その分、アルバイトなら時給に差が出るのが一般的です。

なお、最近はインターネットやDVDを使った映像授業の提供する塾も多くなりました。こうしたところでは、直接、指導するのではなく質問対応、や勉強の進め方や進路に関するアドバイスが講師の仕事の中心です。