大変なことは?

集団指導の場合、教室で指導に当たるのは十数名から40名程度。子どもたちの理解度はバラバラで、授業への集中度合いも1人ひとり異なります。そのため、なるべく生徒に発言させる機会をつくったり、冗談などを言って気持ちをほぐすなどの工夫が必要になります。

また、弱点の克服の仕方も生徒によって違うので、それぞれの生徒に合わせた適切な方法を指導しなくてはなりません。苦手な分野の把握にも手間がかかるのですが、そうした授業内および授業外のテクニックも、研修はもちろん先輩講師からアドバイスを受けることができます。大変な分だけ、受け持ちの生徒の成績が伸びた際の喜びは大きい、といえます。

個別指導については、たとえば指導者1、生徒2の「1対2の授業」の場合、どちらかに時間が偏らないようしないといけません。また、苦手を克服するために、敢えて個別指導を希望する子どもは多いので、期待に応えなくてはいけないというプレッシャーがあります。生徒の性格や理解度に合わせるのも大変です。ただ、性格や理解度は指導を通じて把握できるようになるし、指導のテクニックも集団指導と同じで、研修やアドバイスを通じて学ぶことができます。どれも経験を積むことで乗り越えられるようになります。集団指導とは、また違った達成感を個別指導で味わえるはずです。